公演終了!

a0256842_0152979.jpg

a0256842_0172825.jpg




やっと落ち着きまして、パソコンにて日記を書いております。

とりあえず、メンバーの皆さんお疲れ様でした!!!
そしてご来場いただいた皆様ありがとうございました!!!

おかげ様で、予想以上の入場数と大盛況にて幕が降りました。
その数、なんと175人!!!!

す、すげぇええ∑(´□`;)

そして、当日のお手伝いさんを含めての今回参加メンバー数は、なんと23人!!!!
すごいねww
あ、参加者の皆さんには30人とかって言っちゃったけど間違えてましたテヘペロw
3しか合ってないww


まぁともあれ、人のぬくもりが感じることのできる作品作りでした。



始まりは高校時代。

自分が嫌いで嫌いで、人の前に立つなんてもってのほかだし、皆で仲良しこよし何かやるなんて中学までで十分だこのやろうと思ってた新入生。

でも、自分が何かをすることで他のたくさんの人が感動したり、喜んでくれたり、楽しいと思ってくれる舞台って、羨ましいなぁと思いつつ舞台なんて立てないから遠のいていたら顧問の先生と二重三重の妙なご縁があって。

最初はスタッフばっかりだったけど、だんだん舞台に立つようになって、見てくれた人に「面白かった!」とか言ってもらえるのがすごく嬉しくって。

卒業する頃には「私から演劇取ったらなにがあんのさ!!! 劇団立てるからね絶対!!」て言ってるぐらいになって。


大学のときには高校とはまた違う演劇に触れて、やっぱり劇団立てたいなぁと土日休みの会社探して、本番当日に採用電話が着てビビッたのを記憶しているww


で、会社入ったけど、上司からは遠巻きに演劇禁止って言われるし、同じ会社に入社した先輩からは「入社したばっかりなんだから演劇なんてやらないよね?」とにこやかに言われて諦めて。

そしたらホッケさんからふりらんのお誘いがあって。
初めての社会人劇団でまた違った面白さがあって、んで「おぉ劇団ってこんな感じなんだ!」て勉強も出来て。

続けて陛下からワラカドのお誘いがあって。
OB劇団だから、私が劇団立ち上げたらこんなになるんだろうなぁーとか思って。


まぁでもやっぱり劇団って大変だよなぁ。
自分はこんなに人をまとめるような人材じゃないしカリスマ性もないし、フリーターみたいに劇団転々としてるほうが私にはあってるんじゃなかろうか・・・。

と面倒臭がりやな私は思ったのであります。

が、その頃に初めて東京のキャラメルボックスのお芝居を見て。

久々に心打たれてなんか、こう、来るものがあって。


一説に、お芝居とかドラマとかなんで見たくなるかって言うと、普段じゃ得られない感動や刺激を欲して見に来るそうなんですよ。


やっぱり、自分達のお芝居で、たくさんの人にそんな感動や、何か心にぐっと来るものを感じてほしいなぁ。そんなお芝居つくりたいなぁと。

でも、自分のやりたいものは他の劇団で押す事はできないし・・・


なんて悩んだら「じゃ、立ち上げればいいじゃん^^」
とスタバで一言ww


でも、でも、立ち上げても自分人まとめられるような人材じゃないし、第一人が集まるか分からないしぃぃ、って言ってる傍で「劇団立ち上げるんだ、おめでとう!」と色々な人から言われ引くに引けなくなり。


とりあえず、一緒に・もう一度お芝居をやりたい人に片っ端から声を掛けて最初に集まったのが8人。
もうなんか最初の顔合わせっから汗だくな自分。


私がいくつか考えてきた団体名の中で、多数決により「一笑ドミノ」に確定。

もうなくなってしまう、私の演劇の原点ともいえる市商高校からもじって「一笑」、始まりの1つの笑いがお客様に伝わるように、また仲良く結束の強いメンバーになるように「ドミノ」。


それから人集めに胃がキリキリさせられ(人生初)、稽古が始まって・・・
稽古中に勧誘が成功して大発狂したりとかして、稽古2日目くらいには役者候補が全員そろうという安定のスタートを切りました。

ただスタッフがなかなか揃わず、一度決まっても辞退が多く、でも色々なご縁で参加してくれる人がちょっとずつ出てきて・・・。


最終的には、キャストもスタッフも、初めて劇団参加する人や初めての役割を持つ人が何人かいた割にはクオリティの高いメンバーとなっていました。


ふりらんで学んだ、新しい仲間と演劇をする楽しさを感じて欲しい。
ワラカドで学んだ、知った仲だから出来る演劇の可能性を広げて欲しい。


双方をかね合わせた集まりになりたいな、と思っていましたが、そうなれたのでしょうか。

なれてればええな。




私やメンバーの人が、色々な人に声を掛けてかき集めて出来た今回の一笑ドミノ。

それでもこれだけ、お客様から好評を頂いて、メンバー個々の技術が高まったのは、「お客様に楽しんで欲しい!」て気持ちがあったからこそ!
一笑ドミノとして色が出せたのも、皆が仲良くやってくれたから!

宮崎の台詞を借りると、こんなにも美しい花を咲かせられたのは、メンバーの一人ひとりが輝いていたからこそでした。




旗揚げ公演が「こはく」で本当に良かった。

「こはく」をこのメンバーで創れてよかったな。




こんな頼りない、何言ってるかよく分かんない主宰について来てくれてありがとう。

支えてくれてありがとう。

頑張ってくれてありがとう。

手伝ってくれてありがとう。

一緒にアホな話してくれてありがとう。

うまくまとめられなくてごめんなさい。








もう一度だけ、また一緒にやってくれるかな。

a0256842_0184951.jpg

[PR]
by ichi-domi | 2012-07-06 00:17 | 記念公演『こはく』 | Comments(0)

残り16回

残り稽古回数、大道具作成や本番前のホール入りを抜いて、16回です。

そのうち、人数も集まってがっつりやれる土日が7回・・・かな。




もうそろそろ、公演日まで1ヶ月になろうとしています!



私は今回、劇団経歴も浅いくせに初めての主宰なんですが、役者の頃は

「まだまだ1ヶ月あるから平気!」

と思ってて、実際もだいたいはそうだったんですけど、主宰になるとこれほどプレッシャーかと思いますねw
各役者・各部署に何の根拠もなく『大丈夫かな』『間に合うかな』と思わざるを得ません。

いやぁ、活動を続けている各主宰・座長はすごいなぁ。


でもそんな中、1ヶ月前になる前に通しが3回できていることにとても感謝!

役者はもちろん、舞台監督や音響・照明などの主要なスタッフさんに見てもらえて、物語の流れやセットの動き等が把握できつつある事に感謝。

しかも音響さんは、素晴らしい音響マスターさんのお力を借りて、ホールでほぼノーミスで音を流せていたからね!!!
音響補助さんはいませんでしたが、メイン1人で何とかこなせるようならば、音響の方は選曲のみで他心配する事はないかなーと思いました。

照明は、前日までほぼどうなるか分からないという恐ろしいものではあるのですが、照明さんが細かく丁寧に照明プランを練ってくれていて、補助の方々にも積極的に役割を説明してくれるので本当に助かります。

舞台監督さんは、メンバー内で一番遠いところから来てくれていて、もうそれだけでもありがたいのに経験者だから頼んだ事をどんどんやってくれる。

衣装さんもメイクプランやヘアプランを積極的に考えて、やりたいことを言ってくれるし、衣装も仕事が大変なのにちゃくちゃくと夜に作成してくれています。

細かな小道具の加工や大道具作成は、メンバー内でも若組のたっくんが素晴らしい技術を貸してくれます。

仕事の都合上なかなか参加できないので主要な役割はないけれど、団体の一員として自分の出来る事を常に探して動いてくれる熱い子もいます。


スタッフワークが激しくなり始めるこの時期。
いちドミは本当にスタッフに恵まれているんだなぁと強く感じております。

私から声を掛けた方もいれば、いろいろな繋がりがあって参加してくれている方達もいます。
縁とはつくづく不思議だなぁ。
自分の認識の中にいなかった人が、ふっと突然、その縁を伝って自分の知り合いや友人になるんですもん。

でも、それが社会人劇団ならではの楽しみだよね!



さて、役者はそんなスタッフに感謝感謝!!!!

通しで出てきた問題点を、今後激しくなってくるスタッフワークの合間を縫って、お客様に魅せられるものの基盤作りをせねばなるまい!!!

この演劇の楽しさを、より多くの人と共有できるように!!!!
そして、頑張ってくれてるスタッフさんのために!!!!


ふぁい、おー!!!!!!!!




あ、どうでもいいけどオリジナルTシャツできました。
なかなかの出来w と自分でデザインしておきながら言うw
もうちょっと柄大きければよかったけど、これが限度だったらしいのでしょんない。

そして、まさかの台詞間違いから発展したキャラクターマスコット作成の動きw
しかもハイクオリティw
これ絶対アニメ化されてるってw

キャラクターグッズは先着何人とかで渡す、とかw
口で言ってるだけなので実現するのかは分かりませんが、面白い企画が立ち上がってます(笑)
[PR]
by ichi-domi | 2012-05-28 00:03 | 記念公演『こはく』 | Comments(0)

充実GW

お久しぶりです!
とてつもなく演劇ライフなGWを過ごしたいちドミです!!

------------------
4月28日・29日

合宿へ行ってきました!!
4月末ということで、最後の大イベント!!

1日目は旅館の多目的ホールを使って稽古!
後半シーンの練習や、着付けの復習、音芝居・OPの話し合い等。

そして合間に周辺観光をしたり買い物をしたり恐竜に萌えたり・・・。
ウォーミングアップにはバレーやらボール投げやら、球技大会をしておりました。
夜は夜で、温泉で語り明かしたり、部屋で夜遅くまで語り明かしたり!

2日目は富士急ハイランドで約一名、歩いてたらポリスにとっ捕まったり(笑)
帰りは思わぬ渋滞で結局夜遅くになってしまいましたが・・・ケツカッチン前に大いに楽しめたのではないだろうか!!!

------------------
5月1日~5月4日

稽古尽くしだぁぁぁぁぁ!!!!

------------------



こんな感じです(笑)
いつもの稽古のほうでは、前半通しをしたり、チラシ・ポスターが届いたり、OPを作り上げたり!


さて、2週間後は全通しです!!
気合入れていきましょう!


ブログをご覧のみなさまも、本番ご期待下さい!!



* * * * * *


演劇ユニット一笑ドミノ
記念公演

『こはく』

●2012年7月1日(日)
12:30開場・13:00開演
●静岡県藤枝市 市民ホールおかべ
●一般500円(小学生以下無料)


目が覚めるとそこには彼らが立っていた。
時として、愛おしかった彼らが。
時として、憎らしかった彼らが。
いつしか忘れようとしていた、懐かしい彼らが…。


舞台は華の大正時代!!
心が自然と温かくなるような、気がつくと頬を伝うような……。

個性豊かな登場人物達の織り成す、大正浪漫活劇!


公式HP
[PR]
by ichi-domi | 2012-05-06 20:10 | 記念公演『こはく』 | Comments(0)

『楽しい』とは?

やっほう、主宰です。

今日はやれるシーンが少なかったのと、着付けができる衣装さんが早くきたので、前から『やらなきゃやらなきゃぁぁぁ』しか言ってなかった着付け勉強会をしてもらいましたw


主に2人だったので、他のメンバーはそれを見て一緒に勉強しつつ、台詞覚えてますか会やったり、平台の長さを確認してその上で動きの確認したり。。

日が少なくなっていくのに比例して、スタッフデーが増えていくので、手の空いたキャストは積極的にこういう事をやっていきたいですね。

そういう意味で、充実した夜だったのではないでしょうか!?



さて、明後日は合宿。
珍しく、色々イベント事の多い団体でしたが、これが最後の晩餐、ですよ。

5月からはケツカッチンです。


で、これからより団体としてのまとまり・士気が重要になってきます。


ここで、改めて。


いちドミでは、よく「楽しくやろう」という言葉がでます。
元々、もう一度一緒にやりたいなぁ、という人たちをかき集めて立ち上がった集団なので、「楽しく」やらないでどうする!?といった事は確かに有るんですけど。

「楽しい」ってどんな?

内輪で、もっとオープンな感じに、おふざけが耐えない、ネタ満載、仲良しな子と盛り上がる、などなど楽しいっていろいろありますよね・・・?



私の中でも、「楽しい」の定義は色々あり、その場その場で増えたり減ったり(そういうのは忘れたと言うんだ)します。


でも、実はそういうの、作ってた事を今思い出したw←こら



立ち上げメンバーには、最初、ユニットの方針としてお渡しした用紙があると思います。
そこに実は、書いてある(笑)

えっ シラナイッテ!?

途中参加だったり、そのまま引きずり込まれていつのまにか普通に参加してる、という方も多いのでごめんなさい(笑)

ま、こんな感じです。


---------------

【目標】

観客・メンバー共に楽しい・心温まる舞台づくりをする
演劇を通じ、(OB・OG以外でも)たくさんの出会いや交流を深める

①病気・怪我・事故には気をつけましょう
②報告・連絡・相談を心がけましょう
③来場された方に、最高の笑顔と感動を届けましょう
④メンバー全員で楽しみましょう

---------------


すいません、古かったのでちょっとだけ脚色しました


つまりは、ですね・・・


いちドミって、確かにOB・OGメインで作った集団なんですけど、

『それはあくまでも下地で、そこから各メンバーが枝葉を伸ばし、”一緒に舞台を作りたいな”という人を集めて、輪を広めて行きたい』

という、もっとオープンでいたい主宰の考えなんですよ。


OB・OG劇団ってよくあるけど、「初心者歓迎」とかって言われても、入りづらいじゃないですか。
少なくとも私は入りづらいです。アウェイになりそうで。

とくに今回は、同じ年代層が多くて、部活でも一緒にやっていた、という代が多いんです。
より、それ以外の人がアウェイになりやすいじゃないですか。

それじゃ、④メンバー全員で楽しみましょうが達成されないでしょ?


折角同じ演劇という趣味を持って集まったんだから、楽しくやりたいし、そんなつまらない隔てで最後まであまりちゃんと話せなかったとか、最後の打ち上げでやっと仲良くなっちゃったよ!とか、そんなの悲しすぎません?

初めて演劇やる人だっているんだし、ここに集まった人たちは演劇に何らかの魅力があって集まっているわけだから、皆で、全員でいい思い出をつくりたいじゃない!
演劇ってこんなに楽しいのかって思ってもらいたいじゃない!!!!

演劇に疎い静岡だからこそ、感じてもらいたいじゃない!!!←


そうやってメンバー全員が一つになって、気持ちよく演劇やって、それが地盤になってお客様にもリアルに伝わる『楽しい演劇』ができあがるんではないでしょうか。


それが、私の、
「舞台は、観る人・観せる人両方が心から楽しんでなんぼであり、初めての成功だ!」
的な考え方の根本です。



色々な個性のある人たちが・・・色々な色のドミノが様々な工程を経て綺麗に不揃いなく並んで、それを「よし、倒すぞ!」てドミノを倒すときが、本番なのです。
その一つひとつがしっかり倒れて、お客様が魅了されるのです!

だから、ひとつでもかけたり、ちっちゃいのがいたり、すみにはずれたり、先に倒れてはいけないのです。


・・・分かる、このたとえ?
あまり知られていない、私が勝手に考えた、一笑ドミノの隠れた由来w


そして、それをするために、みんな仲良くする、とか、報告・連絡・相談、とか、気配り気遣い・お察しが出てくるわけです。

だと思います。

そうですきっと←

当たり前の事かもしれないけど、それなら世の中でこんなにも報連相なんて言葉は出回りませんよねん。




残す稽古日数は30日ちょっと。
実質一ヶ月。

その実質は、稽古以外の時間をどれだけ有効活用するかによって伸びます。

また、5月からは土日両方とも稽古です。
もちろんプライベートや仕事・学校を優先してください!!!!
でもでも、稽古のために空けてもらう時間も作ってもらわなければなりません。

そういった優先順位は、仕事内容・授業の組み方・友人関係・恋人関係等々、さらにそのレベル・密度など、一人ひとり環境が全く違ってきますので、「私はこれを諦めたんだからあんたも諦めなされ!」という事は言えませんし、判断もできません。

各個人で優先順位つけてもらうしか、ないのです。。。


ただ、演劇は、個人戦ではなく団体戦だと思います。
一人の欠席が、全体に影響を与えるのですよ・・・ふふふ・・・


あ、だからといって、仕事をずる休みしろとか、飲み会すっぽかしてこいとか、そういう事言ってるんじゃないですよ!?
優先順位の高いものがあれば、それを事前に教えて欲しいのです!!

スケジュール予定は、メール・フリーエムエル・mixi・出欠確認表と4つも手段があるんです。

うまく利用していただきたいなと思います♪



なんか話がずれてきてる!?∑(´□`;)



とりあえず、一笑ドミノは、全員が「また一緒にやりたいな」と心から思ってもらえて、ユニットを立ち上げた甲斐があったなと初めて言えます。

そういう団体にしていきたいな。。。


不甲斐ない主宰ですが、残り2ヶ月よろしくお願いいたしますm(_ _ )m
[PR]
by ichi-domi | 2012-04-26 23:54 | 記念公演『こはく』 | Comments(2)

今回はシーンを読みでやりましたよ!
あと衣装とか!

ども、もにゃ先輩いわく、約1名です!(←意外と気に入ってます。

人足りなくて代役を交えながらの読みをやりましたが、んーーー……

やっぱまだまだですね、自分。
いや、最近ちょっと調子のってたなあって確認しました。笑


でも、あれですねえ笑
たっ君はホッケさんの役マネうまいですよねえ、間合いとかは当たり前にホッケさんには及びませんが
癖というか、声質というか、すごいなあと思います。

代役とやるのは刺激があって楽しいっすよね!
ただ本役とあまりやっていないシーンだと相手の呼吸がわからないから、未熟者としては演技が定まらず迷惑をかけている気しかしませんが笑

最後の場面ではなんだがアナゴとのやり取りのしやすさにちょっと驚きながら、次に綱がる稽古ができました!


しかし最近・・・全体的にこのペースで大丈夫なのかとふと思います。うん。


だいじょうぶなんですかね?笑

とりあえず、個人的にあせってる約一名です。
あと、改めてびっくりしたんですが、公演て1回限りなんですね!!!!wow!

頑張らねばだ!!!
[PR]
by ichi-domi | 2012-04-22 18:27 | 記念公演『こはく』 | Comments(1)

可愛いってなんだっ

笑かしたらボケるシーンが苦手だけど、“市商演劇は笑える舞台”のイメージが築かれた年代のうんのです。
いや信じられねぇw


私のキャラは、
「頑張り屋で、目上からかわいがられる理想の女の子」
です。(確か)


いやー私もそのイメージ崩したくないなーって演技してたら、ダメ出しで「普段みたいなさばさばした感じでやればネタが面白くなる(かも)」みたいにいわれて目から鱗。

人間外見じゃないっていうけど、第一印象は3秒で、声を聞いて30秒で、こいつどんな奴だろうって判断されるといいますからね。
あ、ちなみに3分の会話で、相手と自分が合う・合わないを決めてしまうらしいですよ恐ろしやっ


まぁ普段の自分は一度女を捨てようと生活していたこともあるぐらい雑だし、口悪いし、声のトーンも低目だし、正統派の女の子では恐らくないw

でも私のイメージ、あの子はどっちかっていうと正統派に近めな女の子なんだよなー。
動きもちょこまかしてるし、大股で歩かないし←それは普段も直せよ

動きをおしとやかにって思うと、なんとなく内面もおちついてきちゃうんですよね。


いやー、でもさばさばだけどかわいい子いるしなー。
ぱっと思いつかないけど。

いい見本いないかなー。
[PR]
by ichi-domi | 2012-04-09 13:01 | 記念公演『こはく』 | Comments(2)

お花見したいなー

どうも、またまた放置してました。

ツイッターとか、ブログより簡単で手軽なものが出始めると、そっちに流れ気味ですよね。
ま、私、ツイッターなんて登録段階で放置ですけど(なぜその話題を持ってきた)


さてさて。
放置している間、色々な事がありました!

やはり一番大きかったのは、公演するにあたって最低限集めなければならないスタッフ陣が揃ったという事か!!!

そして稽古の進み具合としては、前半はほぼ立ちまで手を付けて、現在後半にも手を出し始めているところです。



まぁ、そうなると、前半は何度も練習しているので、動きがマンネリ化してきたりしてしまうわけです。

それはそれで、新しいシーンをやったときには、今度は楽しそうなんだけどキャラが楽しんでいるというより、役者が楽しんでいるという事態がw


今週で4月に突入してしまうので、そろそろキャラの心境を掴みたいなぁ。なんて今自分の首絞めた気がする



で、アドバイスにあったのは、それぞれの相手同士でダメだしやアドバイスができるといいねぇ。ということ。

お客目線で見ていた他の役者やスタッフさんがダメだしするよりも、舞台に立ちながら周りを見ることが出来るから、よりリアルな芝居ができるそう。

あと、マンネリ化を防ぐために、型にはまるのではなく、1つ新しいことにチャレンジしてみよう!てやってみること!


副主宰も同じこと悩んでたんですが、社会人になってから型にはまりやすくなったというか、挑戦することが怖いというか、そういう考え方になって動けなくなってる気がするんですよねぇ。。

高校大学の時は無縁だった悩みで、社会人劇団を始めるようになってからは毎度毎度そんなふうな壁にぶち当たります。
毎回1つ新しい動きにチャレンジしてみたら、何か変わるかし・・・ちょっとやってみようかな。



あと、今日はスタッフさんから嬉しいお言葉がありました!
本人、よく喋る割に話し下手?なので、なんだか必死に説明してましたけど、しっかり伝わりました!!


「自分は今のこの感じ好きです!

さぁやろうって前に引っ張ってくれる主宰・副主宰がいて、

色々指導してくれる演出がいて、

それに対して違うだろうって顔をするメンバー(これはどうなんだろうw)、

演技についてはっきり否定・肯定してくれるメンバーや、

いやでもこれはこうだろう、と意見を言ってくれるメンバー、

この雰囲気がとてもいいとおもうので、これからもこんな感じでいってほしいっす!」


的な事を言ってくれましたヾ(≧∇≦*)〃
拍手喝采!!


立ち上げた方としても、こういってくれると本当にやってよかったなぁと思いますv


これからも頑張ろう!!!
[PR]
by ichi-domi | 2012-03-28 23:43 | 記念公演『こはく』 | Comments(0)

話し合いの考え方

大変だよね(´・ω・`)


どうもうんのです。



今日は演出がお休みだったので、演出からいただいた稽古予定にしたがって稽古。

のはずが5つのシーンのうち2つしかできなくてごめんなさい(´・ω・`)



ダメだしから発展していって、キャラの話とか、コメディを楽しく魅せるテクの一部とか、強弱の付け方とか、シーンを作りこむ話し合いが展開しまして。



年齢設定とか、家族構成とか、過去設定とかってやっぱり大事だなと思いました。

自分が役者で立ったときに、誰が感じている感情なのか。
それが分かるためには、そのキャラがそのキャラと成りえた基盤があるわけで。

私達だって、生まれたばっかはまっさらだけど、その後の成長過程とか、経験とか、年齢とかがあって、違う個人になるわけじゃないですか。
そのキャラの物事に対する考え方や価値観がどんなかが分かれば、どんな風に感じ取るべきなのかが分かってくる・・・という説のお話でした。

うんうん。確かに。
素が出てしまうのは、やっぱりキャラの考え方をまだ汲み取れていないから、自分の考え方で感情を出してしまうんだろうな、と。思った次第であります。


「役を演じるという事は、自分とは違う、別の人生を生きる事」


だっけか。名言だねっ。




あと、コメディねw
コメディの動きをリズムで考えるのは、おぉなるほど!!と思いました!!




大学演劇・社会人劇団をやってきて思うのは、高校演劇と違って、メンバーで話し合うということが疎かになりがちだなということです。

全員で「ああでもない」「こうでもない!」って意見をぶつけ合ってると、「あぁ演劇やってるんだな」って思います。
そこで学ぶ事もすごく多いし。



どうして疎かになるかっていうと・・・
大学演劇・社会人劇団には、どうしても時間が限られているから。話し合いをするような時間が、稽古の場にないんです。

高校演劇と同じように、稽古の場で意見のぶつけ合いをしていたら稽古期間が大変な事になります。

貴重な稽古場の使い方を、よく考えないとならんなと思います。



でも、なかなか集まるってこともしないorできないんですよね。
っていって、疎かになっていく。


高卒後、私が今までいた日大演劇部、ふりらん、ワラカドでもあまり話し合いってしたことないです。
日大ではそういった関係で、私がトラブル起こしちゃったし。

それでもふりらんは、絡む役者が同じ帰り道だったので、たくさん話し合いが出来た方なんですけどね。


メンバーの親密度だったりそういうのを高めるためにも、今までの反省点としても、今回のいちドミでは『稽古場以外で多くの話し合いの場を作る』ということを目標にしたいと思います。


稽古の場ではなく、ごはんでも何でもいいから別に時間を取って、話し合いして何パターンか作り溜めして、稽古の場で演出に「これでどうだ!」と持って行く。


それがスピーディーかつ密度の高い稽古をする秘訣なんじゃないかな、と思います。




ちょっと役作りに光が見えた反面、そういう反省をした今日この頃でした。
[PR]
by ichi-domi | 2012-03-16 23:50 | 記念公演『こはく』 | Comments(0)

う、うんのです・・・||||||д・)←隠れすぎ


今日は稽古終わりに「一笑ドミノにはブログがあるんだ!私もサボってるkゲフン忘れないでねっ!」って言ったら早速姐さんが書いてくれました。ありがとぉぉぉ!!!


さて、今日はハロの成長が目立つ稽古でしたね。
毎度ながら、ハロはまだまだ伸び白があってええなぁ~と思います。

私は伸び白があるんだか使い切っちゃって伸びないんだか伸ばす道具が見つからないんだか、よく分からないくらいには伸びてるので(よく分からなくなってきた)

あと、衣装のhikaruが、採寸の必要な人の採寸全て終われたようです。
安く済ませるために作ってくれるってことだからまっことありがたい。


そして、今回新たに単語が生まれました。

闇練(やみれん)
 ・・・稽古場の外(特に廊下など暗いところ)で練習をすること。


有意義な闇練が増える事を祈ります^^
[PR]
by ichi-domi | 2012-03-14 22:53 | 記念公演『こはく』 | Comments(2)

こんばんはー。姐さんです。
暇人なのでせめてブログを盛り上げてやろうか。
そしてお前も蝋人形にしてやろうか。


今日は出番がなかったので闇練(←new!)をしてました。
まぁ廊下の突き当たりでハァハァ言ってただけですけども。
私やたらハァハァするシーンが多いです。なんという公然ワイセツ。


真剣な話なかなかブランクが埋められずモニョってます。
昔は舞台の上では嬉々として転げ回ってたのに、動けない。
感情の表現もなんだか鈍ってる気がします。


もっと家で練習したいんだけど、家で暴れたら障子破れそうだし、隣の山崎さんに苦情言われそうだし。


でも今日の闇練でちょびっと感情を解放できた気もします。
出番がないときは廊下の突き当たり独占するけど、みんなゴメンネてへぺろ☆彡


早くホッケさんやあやのんみたいに躍動感のある役作りできるように頑張る!!


いちドミの名前の理由に感動しちゃったホワイトデーでした。
[PR]
by ichi-domi | 2012-03-14 21:27 | 記念公演『こはく』 | Comments(2)