カテゴリ:追憶公演-志-『月を待つ人』( 7 )

史跡巡り!Part.2

Part.1の続きです!!!

いよいよ上野公園に入りました!!
まずは入り口の方から。

慶応4年5月15日。
今で言う7月頃。梅雨の雨降る日だったそうです。
火が燃え広がらないよう、官軍は雨の日を選んだんだとか。
(上野を全面放火したのは官軍だけど)
a0256842_21312637.jpg

a0256842_2151611.jpg

上野戦争の後、焼け野原となっていた山を整備し、日本で初めての公園にしたのは明治6年のこと。
オランダの医師・ボードウィンでした。

当時は焼け残った樹木を建材用に伐採する案や、不忍池を埋め立てて水田にしようとか、病院を建てようなどと検討していたそう。
しかし上野の山を緑豊かな公園として残すことを明治政府に進言したのだそう。
今これほど上野が栄えているのも、ボードウィンのおかげなのですね。

さて、話がそれましたが上野戦争に戻しましょう!


今は何もありませんが、入口の前に三枚橋という3本の橋があって、この橋を挟んで彰義隊と新政府軍は射撃戦をしたといいます。
a0256842_21284877.jpg

(東台大戦争図。当時の出来事を絵に描き起こすことが許可されていなかったので、題名は全く関係の無いものを付けていることが多い)


そして黒門があったであろう場所を通り抜け、階段を登ります。
そこは山王台と呼ばれていた、彰義隊の砲台が置かれていた場所。
今では西郷隆盛象があることで有名ですね!!
a0256842_2133983.jpg


しかし階段を登っているとお囃子の音……お神輿……?なにやら騒がしいぞ??
登ってみると、なんと西郷どんが着物を着ている…!?!?

後に調べてみたら、「西郷南洲翁銅像清洗式」という行事が行われていたようです。


人混みを避けてその後ろへ。
彰義隊のお墓は、華やかで目立つ西郷さんの立つ後ろに、ひっそりとあります。
私達が行った時には、彰義隊について書かれた石碑の周りを、子どもたちが走り回って遊んでいました。
前のブログで「例の字が読めない……」って私が騒いでいたやつです)


このお墓は、上野に放置されていた遺体を集めて火葬した場所にあります。
お墓の周りにはフェンスがしてあり、その前にお花を手向ける場所がありました。


上野戦争後、彰義隊の扱いは旧幕府軍の中でも特に悪かったといいます。
その為生き残っていても、戦死したことにして故郷にも帰れず戸籍なしで一生を過ごしたり。
上級の人は全国指名手配されて徹底的に生死を調査されたり。
上野戦争で戦死した新撰組隊士・原田左之助も、家族に迷惑がかかるから戦死したことにしたのでは…という説があります。

彰義隊のお墓は一見とても立派で大きく見えますが、これは明治14年に、政府からやっとお許しが出て立てられたもの。
とはいえ賊軍である彰義隊の名前はかけず、「戦士之墓」となっています。

よく見ないと気づかないのですが、その大きな墓石の前に置いてある小さな墓石が、明治2年に密かに作られ地中に埋められていたもの。
そして、墓石の前に何かビニールで巻かれたものが置いてありました。

何が置いてあるんだろう…?
失礼して、双眼鏡の代わりにカメラのズームで確認した所、彰義隊一番隊旗の写真のようでした。
a0256842_21212954.jpg

ちなみに官軍の旗は『菊紋章』。
その半面、今や国旗となっている日の丸は、彰義隊や旧幕府軍の掲げる『賊軍旗』だったそう。

彰義隊の旗は現在、靖国神社に収められているそうです。
(ただ戊辰戦争で戦った旧幕府軍は祀っていないとか、お国のために戦ったことに違いはないから祀るように途中から変わっただとか…)

a0256842_21223271.jpg
a0256842_21224214.jpg





そのまま進んで旧寛永寺の旧本坊表門へ。
門には皇室の菊の御紋が印されています。
a0256842_21453748.jpg


本坊には輪王寺宮法親王が居住されていました。
そのため大変壮大な建造だったそうですが、上野戦争で焼け、この表門だけが戦火から逃れたそうです。
それからは帝国博物館(東京国立博物館)の正門で使われていたそうですが、関東大震災後に今の輪王殿前に移築されたそうです。

ここにも銃痕(大きさ的に大砲?)が所々に残っています。
a0256842_21482628.jpg


関東大震災や東京大空襲でも焼けなかったのだというから、何か考え深いですね。



次に向かったのが寛永寺

当時上野の山全体が寛永寺の境内だったといいますが、今は隅の方にひっそりとあります。
旧本堂は今の国立博物館前の噴水池あたりにありましたが、上野戦争で焼失しました。
ならここにあるのは何? というと、寛永15年に建てられた川越市・喜多院の本地堂が移築され、本堂とされたものです。

門にある金色の葵の紋が、印象的でした。
a0256842_21335278.jpg


寛永寺にある「上野戦争碑記」は漢文でしたが、「彰義」と違ってはっきり字が読めました。
解読は出来ませんでしたが。

次の公演でやる「関宿藩士」の記述を発見したときの、私の興奮といったら……!
a0256842_21362331.jpg




史跡巡りは以上です!

本当は彰義隊の墓の近くには彰義隊の資料館もあって、それも見たかったのですが…。
彰義隊士・小川興郷の子孫の方が個人的に運営していたそうなので、2003年の5月に閉館となってしまったそうです…。

彰義隊はたった1日で壊滅させられた上、その後も新政府の目が厳しかったから、残っている資料てとても貴重だと思うんです。
本とかもあまりないですし。

でも個人運営というと、もう一般の人が見れない状態なんでしょうかね…残念…


次は是非、元彰義隊・関宿藩士の方が眠るお墓に挨拶に行きたいです。
(実は静岡なんですよ…!?!?)


.
[PR]
by ichi-domi | 2017-05-05 22:17 | 追憶公演-志-『月を待つ人』 | Comments(0)

史跡巡り!Part.1

海野です!!
「彰義」のブログで触れたように、4月23日に有志で上野戦争史跡巡りをしてきました!!

それというのも次回作「月を待つ人」は上野戦争と関係ある物語だからです。



さて静岡を6:30に出発。
東京組と合流し、到着したのは港区元麻布にあります専称寺

こちらは新撰組隊士・沖田総司のお墓のあるお寺です。
熱烈な沖田ファンが墓石を削るなどの悪行が問題となり、現在は立入禁止となっています。
ただ、塀の外から見ることは可能です。

彼が肺結核で倒れたのは元治元年・池田屋の時。
体調の悪化により第一線から外れたのは慶応3年。
療養するも亡くなったのは慶応4年5月30日。
約1ヶ月前、近藤勇が斬首されたという事を知らないまま亡くなったそうです。


沖田総司は「月を待つ人」で直接出てくる訳ではありませんが、主人公・横路軍平が彼に会いに行った帰り道での出来事……という設定になっています。

そのため、ご挨拶・ご報告も兼ねて、皆で手を合わせました。

(その後コインパーキングで間違えて他人の料金を払っちゃうなどトラブルがありました)




さて、そして次に向かったのは円通寺

こちらは彰義隊の墓と、かつて上野の入り口あった「黒門」が移設されているお寺です。

黒門は上野戦争で戦闘が激しかった場所であり、燃えずに残った門。
ここさえ守れれば彰義隊にも勝ち目があった…かもしれません。
実際両者一歩も譲らず攻防が続いていたそうですが、官軍の用意したアームストロング砲の射撃が届くようになり、この門を破られてからは一気に官軍の圧勝だったそう。
a0256842_18101779.jpg


写真で確認できるだけでも、銃痕の後がものすごいです。(赤マル箇所)
a0256842_186521.jpg



上野戦争で殲滅された彰義隊の戦死隊は266名。
梅雨の中、賊軍の晒し者として放置されましたが、それを最初に弔ったのがこちらの和尚様であったそうです。
それがきっかけで遺体の埋葬・供養の許可をもらった和尚様は、上野で火葬をし、この寺に埋葬しました。
(火葬したのは5月24日という資料を見ました。相当長い間の放置ですね…)

とはいえ、遺体の処理については、記録によって違いがあるようです。

・一番有名なのがさきほどの和尚様の説
・いや、円通寺は大村益次郎からの指示で遺体を受け入れたのだという説
・官軍側諸隊である山国隊が終戦3日後から彰義隊の遺体処理を始めたのだという説(山国隊の記録より)




他にも旧幕府軍の幹部が建てた石碑、戊辰戦争で命を落とした旧幕府軍を弔うために密かに建てた「死節之墓」などもあります。
賊軍である旧幕府軍戦死者の供養がタブーだった時代、円通寺だけは埋葬供養の許可を得た唯一の寺院ということで、堂々と供養ができるとの理由から参詣する者も多かったそうです。
a0256842_18283927.jpg




【黒門について書かれていた説明】
この黒門は、慶応四年(1869年)5月15日に旧幕臣の彰義隊と新政府軍が戦った上野戦争で、後に放置されていた多数の彰義隊士の遺体を、当時の円通寺仏磨和尚と寛永寺御用商人三河屋幸三郎とが集めて火葬し、円通寺に葬った機縁で、明治40年(1907年)に帝室博物館より下賜された。
上野山内(袴越し)にあった黒門は、上野八門のうちで表門にあたり、両軍攻防の重要な拠点であった。弾痕が往時の激戦を伝えている。

a0256842_18352318.jpg

(彰義隊奮戦之図。小川興郷が画家に指示した描かせたもので、他の錦絵と違いけっこう忠実だと言われている)



そしていよいよ上野へ!!

……の前に東京大学へ!!!

観光するんじゃんーと思われるかもしれませんが、東京大学は上野戦争の勝敗を決めたアームストロング砲が設置されていた場所なんです。

a0256842_1842068.jpg


黒門のちょい上にある「山王台(関宿大砲隊)」とあるのが、彰義隊が黒門にいる官軍に向けて大砲を撃っていた場所。そう考えると……アームストロング砲の飛距離と行ったら……。

だってこれだけでみたら、彰義隊の飛距離は100m。官軍は1km。

わかりやすく静岡市街に例えると…
彰義隊が駅前バス停から静岡駅を狙っていたとしたら、官軍は駿府城中央くらいから静岡駅を狙っていることになります(笑)


扱い方に慣れてなくて、最初のうちは不忍池に落ちちゃっていたそうですが、それにしても武器の性能の差が歴然ですね。



ちなみに今回「月を待つ人」ではこの山王台で大砲を撃っていた関宿藩士(萬字隊)の生き残りが登場します!!


東京大学の学食でお昼を済ませ、
今度こそ上野へ!!




【次に続く】
[PR]
by ichi-domi | 2017-05-05 20:11 | 追憶公演-志-『月を待つ人』 | Comments(0)

公演日決定!!

こんにちは、海野です。

お待たせしました。
次回公演「月を待つ人」公演日決定です!!



追憶公演-志-
月を待つ人

10月8日(日)
市民ホールおかべにて



慶応4年5月。
それは上野戦争から数日した頃の事。

新選組隊士・横路軍平は道中に訪れた江戸で斬り合いに巻き込まれ、深手を負い気を失ってしまう。
次に軍平が目を覚ましたのは町のとある道場。
その道場の師範である男、白川茂慶はこともあろうか敵である新政府側の重鎮であった。

その頃、彰義隊隊士の妻・島嵜美弥もまた刀を握りしめていた。
ただただ亡き夫の成し得なかった志を遂げたい一心で。
ようやく見つけた仇敵との斬り合いの最中、彼女は信じられない光景を目にする。
あの日失ったはずの最愛の男が刀を振るう姿を。

そう……全ての出逢いは望月の晩であった。

行き交う思惑と交わらぬ志。
あかりのない暗闇の中で彼らは意を決する。
あかりを灯す為、月をまた満ちさせるための決断を。

そして……全ての答えは朔月の晩に照らし出される。

岩本憲嗣氏の人気代表作。
想いのまま駆け抜けた志士達の、強く切ない、小さな輝きの物語。
a0256842_13381470.jpg

[PR]
by ichi-domi | 2017-05-04 13:38 | 追憶公演-志-『月を待つ人』 | Comments(0)

「彰義」

こんにちは、海野です!!

4月23日(日)。
新選組局長・近藤勇の150周忌&諸隊士合同供養祭が行われていた日。

いちドミメンバーもまた、戊辰戦争の史跡巡りのため東京におりました!

………というレポートを書くつもりだったのですが濃すぎて書ききれておらず。


それどころか「彰義隊のお墓の前にあった石碑を解読してから…」なんてやっていたら解読どころか書き出すだけで精一杯でした。

どうやら戊辰戦争のこと、彰義隊の成り立ち、上野戦争のこと、その後の事など書かれているようですが…

どこかに和訳ないですかね……本探せばあるのでしょうが、本を探している隙がないのでネットで誰かが和訳してないかと楽な方法を…ごめんなさい…

上野戦争記碑の和訳はあったんですよ!!
……まぁあれは漢文ですしね……ふぅ。


一旦その書き出しだけでも、upいたします……!!
(掠れて読めない箇所・普通になんて書いてあるかわからないものは?になっています
(長いので下に入れます)

a0256842_21572367.jpg


.

石碑
[PR]
by ichi-domi | 2017-04-29 21:56 | 追憶公演-志-『月を待つ人』 | Comments(0)

戊辰戦争150回忌

おひさしぶりです、海野です!!!
今回は、次回公演「月を待つ人」に絡みのあるお話をば…

れ、歴史部分で何か間違ってたらご容赦下さい教えてください…!!(勉強中)



今年は、新選組局長・近藤勇や坂本龍馬らの没後150年目です。
つまりは戊辰戦争から150年目の節目です。

3月19日には土方歳三の菩提寺がある日野市で、戊辰戦争で亡くなった全戦没者の総供養祭が行われたり。
(新政府軍・旧幕府軍の隔たりなく全ての人々、というのは150年目にして初めだだそう)

未だに根強い人気のある坂本龍馬に至っては、特別展示会が全国4箇所で開催されることが決定しています。
しかもこれは静岡にも来ますからね…!!!!
※2017年7月1日(土)~8月27日(日)静岡市美術館

江戸東京博物館までいかないと…と思っていた私には朗報です。


図らずしてそんな節目に公演することになった「月を待つ人」。

これは戊辰戦争の真っ只中、上野戦争後の物語。
彰義隊の生き残りと新政府軍、そしてとある理由で上野を訪れた新撰組隊士との出会いから始まる物語です。


a0256842_2371571.jpg



彰義隊……名前だけは聞いたことがあるでしょうか?
私はそのうちの1人でした……(笑)

彰義隊に関する資料は少ないようで、彼らは新政府に背いた賊軍であるから、

「上野戦争の記録なんて書き留めさせない!!」(絵とか)

……といった新政府の圧力があったのだとか……。


とにかく彼らは、国を思い戦った者たちでありながら、たった半日で新政府軍により壊滅させられた上、遺体は雨の中で野ざらし、その上暫くろくな墓石も建てさせてもらえなかったりという扱いを受けた歴史があるのです。

今、上野公園の西郷隆盛像の後ろにお墓がありますが、あれもやっとのことで明治政府から許可が降り建てられたお墓なんだそうです。

それでも彰義隊とは大きく書けず「戦死之墓」としか書かれていません。

正面にある小さな墓石には「彰義隊」の文字がかかれているようですが、それは密かに作られ付近に埋められていたものなのだそう。



そして何より、このお墓の建てられている場所。
当時、隊士の遺体を集めて火葬したまさにその場所なのです。


隊士の遺体はそこら中にあり、上野は一面焼け野原。
雨天だったにもかかわらず、立派なお寺や建築物、桜の木など全て燃え尽きるほどの激しい戦いだったのでしょう。

今の上野公園がかなり広大な敷地であるのは、この上野戦争で何も無くなってしまったからなんですね…。



そんな悲しい時代に起きた、灯りを求めた人達の、小さな輝きの物語。
日時の詳細は来月頃発表となります!

お楽しみに!!


.
[PR]
by ichi-domi | 2017-04-18 23:02 | 追憶公演-志-『月を待つ人』 | Comments(0)

スタッフ募集中です!!

海野です!!!
もう2016年も終わり!!! 早い…早すぎる…


「次に向けて」でお伝えしたとおり、一笑ドミノは来年秋公演に向けて活動を開始しているところですが、キーワードが少し変わりまして。


次回公演のキーワードは、


戊辰戦争

新撰組

彰義隊



です。流山から彰義隊に変わりました!!!

詳細は近々発表となるかと思いますが、皆様彰義隊はご存知ですか??

といいつつ私も、徳川家を守るために結成したのにすぐ江戸城無血開城があって本来の目的を失ってしまい、最後は新政府軍に鎮圧されてしまった…? といった曖昧なくらいしか……しか…………(´;ω;`)

この年末年始にしっかり調べたいと思っております…!!!



幕末や新撰組、殺陣、着物に興味のある方!!!
照明・音響・衣装メイク(着付け)などスタッフ募集中ですので、ぜひお問い合わせください!!!(*´ω`*)

a0256842_9265364.jpg




.
[PR]
by ichi-domi | 2016-12-30 09:27 | 追憶公演-志-『月を待つ人』 | Comments(0)

次に向けて!

こんにちは、海野です!!!

次回公演に向けて始動中です!!!(*´ω`*)

先日に脚本家・岩本憲嗣さん(いちドミほとんどこの方の脚本)に次回作を書き下ろしていただきたく、東京へ打ち合わせに行きました!!!

物語のキーワードとしては・・・

戊辰戦争
新撰組
流山


そして舞台は『風の響』から2年半ほどの物語。
駿河総合高校で初公演した『波、果つるまで。』出演陣も数名いるため、そことも少し絡ませてあります!!


照明・音響・衣装メイク(着付け)・大道具小道具など、主に裏方参加者を募集中です!!
ご興味ある方いましたら、稽古見学も可能ですのでぜひ。゚+.(・∀・)゚+.゚


a0256842_20523255.jpg

.
[PR]
by ichi-domi | 2016-11-06 20:52 | 追憶公演-志-『月を待つ人』 | Comments(0)

静岡中部の社会人演劇ユニット「一笑ドミノ」のブログ! 観る側も創る側も楽しい作品を目指しています! 派生チーム「殺陣集団 壱ノ陣」や高校演劇宣伝もします。(2011年結成)


by ichi-domi