公演日決定!!

こんにちは、海野です。

お待たせしました。
次回公演「月を待つ人」公演日決定です!!



追憶公演-志-
月を待つ人

10月8日(日)
市民ホールおかべにて



慶応4年5月。
それは上野戦争から数日した頃の事。

新選組隊士・横路軍平は道中に訪れた江戸で斬り合いに巻き込まれ、深手を負い気を失ってしまう。
次に軍平が目を覚ましたのは町のとある道場。
その道場の師範である男、白川茂慶はこともあろうか敵である新政府側の重鎮であった。

その頃、彰義隊隊士の妻・島嵜美弥もまた刀を握りしめていた。
ただただ亡き夫の成し得なかった志を遂げたい一心で。
ようやく見つけた仇敵との斬り合いの最中、彼女は信じられない光景を目にする。
あの日失ったはずの最愛の男が刀を振るう姿を。

そう……全ての出逢いは望月の晩であった。

行き交う思惑と交わらぬ志。
あかりのない暗闇の中で彼らは意を決する。
あかりを灯す為、月をまた満ちさせるための決断を。

そして……全ての答えは朔月の晩に照らし出される。

岩本憲嗣氏の人気代表作。
想いのまま駆け抜けた志士達の、強く切ない、小さな輝きの物語。
a0256842_13381470.jpg

[PR]
# by ichi-domi | 2017-05-04 13:38 | 追憶公演-志-『月を待つ人』 | Comments(0)

「彰義」

こんにちは、海野です!!

4月23日(日)。
新選組局長・近藤勇の150周忌&諸隊士合同供養祭が行われていた日。

いちドミメンバーもまた、戊辰戦争の史跡巡りのため東京におりました!

………というレポートを書くつもりだったのですが濃すぎて書ききれておらず。


それどころか「彰義隊のお墓の前にあった石碑を解読してから…」なんてやっていたら解読どころか書き出すだけで精一杯でした。

どうやら戊辰戦争のこと、彰義隊の成り立ち、上野戦争のこと、その後の事など書かれているようですが…

どこかに和訳ないですかね……本探せばあるのでしょうが、本を探している隙がないのでネットで誰かが和訳してないかと楽な方法を…ごめんなさい…

上野戦争記碑の和訳はあったんですよ!!
……まぁあれは漢文ですしね……ふぅ。


一旦その書き出しだけでも、upいたします……!!
(掠れて読めない箇所・普通になんて書いてあるかわからないものは?になっています
(長いので下に入れます)

a0256842_21572367.jpg


.

石碑
[PR]
# by ichi-domi | 2017-04-29 21:56 | 追憶公演-志-『月を待つ人』 | Comments(0)

戊辰戦争150回忌

おひさしぶりです、海野です!!!
今回は、次回公演「月を待つ人」に絡みのあるお話をば…

れ、歴史部分で何か間違ってたらご容赦下さい教えてください…!!(勉強中)



今年は、新選組局長・近藤勇や坂本龍馬らの没後150年目です。
つまりは戊辰戦争から150年目の節目です。

3月19日には土方歳三の菩提寺がある日野市で、戊辰戦争で亡くなった全戦没者の総供養祭が行われたり。
(新政府軍・旧幕府軍の隔たりなく全ての人々、というのは150年目にして初めだだそう)

未だに根強い人気のある坂本龍馬に至っては、特別展示会が全国4箇所で開催されることが決定しています。
しかもこれは静岡にも来ますからね…!!!!
※2017年7月1日(土)~8月27日(日)静岡市美術館

江戸東京博物館までいかないと…と思っていた私には朗報です。


図らずしてそんな節目に公演することになった「月を待つ人」。

これは戊辰戦争の真っ只中、上野戦争後の物語。
彰義隊の生き残りと新政府軍、そしてとある理由で上野を訪れた新撰組隊士との出会いから始まる物語です。


a0256842_2371571.jpg



彰義隊……名前だけは聞いたことがあるでしょうか?
私はそのうちの1人でした……(笑)

彰義隊に関する資料は少ないようで、彼らは新政府に背いた賊軍であるから、

「上野戦争の記録なんて書き留めさせない!!」(絵とか)

……といった新政府の圧力があったのだとか……。


とにかく彼らは、国を思い戦った者たちでありながら、たった半日で新政府軍により壊滅させられた上、遺体は雨の中で野ざらし、その上暫くろくな墓石も建てさせてもらえなかったりという扱いを受けた歴史があるのです。

今、上野公園の西郷隆盛像の後ろにお墓がありますが、あれもやっとのことで明治政府から許可が降り建てられたお墓なんだそうです。

それでも彰義隊とは大きく書けず「戦死之墓」としか書かれていません。

正面にある小さな墓石には「彰義隊」の文字がかかれているようですが、それは密かに作られ付近に埋められていたものなのだそう。



そして何より、このお墓の建てられている場所。
当時、隊士の遺体を集めて火葬したまさにその場所なのです。


隊士の遺体はそこら中にあり、上野は一面焼け野原。
雨天だったにもかかわらず、立派なお寺や建築物、桜の木など全て燃え尽きるほどの激しい戦いだったのでしょう。

今の上野公園がかなり広大な敷地であるのは、この上野戦争で何も無くなってしまったからなんですね…。



そんな悲しい時代に起きた、灯りを求めた人達の、小さな輝きの物語。
日時の詳細は来月頃発表となります!

お楽しみに!!


.
[PR]
# by ichi-domi | 2017-04-18 23:02 | 追憶公演-志-『月を待つ人』 | Comments(0)

静岡中部の社会人演劇ユニット「一笑ドミノ」のブログ! 観る側も創る側も楽しい作品を目指しています! 派生チーム「殺陣集団 壱ノ陣」や高校演劇宣伝もします。(2011年結成)


by ichi-domi